小さなバストの悩みと豊胸術について

公開日: 

バストが小さい人にとって、バストを大きくしたいというのは永遠の憧れともいえます。

いろいろと努力をしてバストを大きくすることに成功できたという人は、いいのですが、そうでない人は、いろいろな方法を試してみてもバストを大きくすることができないことが多いようです。

こうした人は奥の手として、美容整形でバストを大きくすることができます。

実際に美容整形をしてバストを大きくして、コンプレックスを解消したという人も多いので、この美容整形によるバストアップについて紹介します。

美容整形でのバストアップはどのようなもの?

美容整形で行うバストアップは、大きく分けて3つのモノに分けられます。

まず一つ目がプロテーゼやバッグなどを挿入する豊胸術で、これは、脇の下からプロテーゼなどのバッグをバストに入れて、バストを大きくするものです。
プロテーゼ以外にもバイオセルバッグ、クリスタルバッグなどを挿入することがあり、これはクリニックによって異なりがあります。

次に、最も簡単に行えるのがヒアルロン酸をバストに注射するものです。
これは、メスなどを使わずに、バストにヒアルロン酸を注射してバストアップを行うというもので、顔などに注射するヒアルロン酸とは、異なる専用のヒアルロン酸を注射します。
一度、ヒアルロン酸を注射すると、効果が長く、バストアップした際の感触も非常に良いと言われています。

そして、3つ目が脂肪注入術というもので、これはバストに体の他の部位から脂肪を吸引し、それをバストに注入するというものです。
自分の体にある脂肪を使用するために、バストに入れた脂肪は、ほとんどのものが、しっかりとバストに定着し、半永久的にバストが大きなままにすることができます。

バストのタイプによって行う豊胸術が異なる

バストの整形には、この3つ手術が行われるのですが、どの手術を行うのかはほとんどの場合は、自分で選べます。

体にメスを入れて手術をするのが嫌だという人は、ヒアルロン酸注入がいいですし、より自然な形でバストアップしたいという人は、脂肪注入が最適です。

このように自分の好みにあわせてバストアップの為の豊胸術を選んでいくことができるのですが、元々、小さなバストを大きくするのと、ある程度の大きさがあったバストがしぼんでしまって小さくなってしまった際に行われる豊胸術は異なります。

胸が元から小さいという人がバストアップをする際には、脂肪注入、プロテーゼ・バッグ注入などを行うことが多くなっています。
もちろん、ヒアルロン酸注入も選択することできるのですが、どちらかというと、脂肪注入やプロテーゼ・バッグ注入の方が、はっきりとバストアップをすることができます。

そして、ある程度、大きかったバストがしぼんでしまったという人には、ヒアルロン酸注入、脂肪注入を行うことが多くなっています。
こちらの方も、自由に豊胸術を選んでいくことができるのですが、症状に合わせて、こうした豊胸術が行われることが多いようです。

美容整形での豊胸術は安全?

美容整形で豊胸をするというと、どうしても気になるのが安全性です。

バストが大きくなったものの、体に悪い影響が出てしまうというようなことがあると元も子もないのですが、基本的に、しっかりとした美容整形のクリニックで施術を受ければ危険性は少ないと言えます。

医師免許を持った医師が、しっかりとした医療器具を使って手術をすれば、間違いは起こりづらいですし、豊胸に使用するヒアルロン酸や、プロテーゼやバイオセルバッグ、クリスタルバッグ、脂肪なども、安全性に配慮したものが使用されるようになっているので、一昔前から比べると、かなり安全性も高くなっています。

ただ、どんなに安全性が上がったといっても、手術を行うということで、一切失敗がないということはありません。

こればかりは、手術を行う医師も絶対ということは言えないのですが、バストは大きくしたいのだけれど、豊胸手術は不安という人は、より自然な方法でバストアップをしていくほうがいいですし、そうしたリスクを覚悟した上で、確実にバストアップをしたいという人は、豊胸手術を受けていくといいのではないでしょうか。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑