バストアップとミネラルについて

公開日:  最終更新日:2016/10/08

4a5655eba9202194353bfecd501aca5e_s

バストアップに重要になる食品は、ついついタンパク質やアミノ酸を考えてしまいがちなのですが、ミネラルも、非常に重要な栄養素になります。

バストアップとミネラルというと、あまり関係ないように考えてしまう人も多いかと思いますが、ミネラルも、タンパク質などの栄養素と同じくバストアップや、バストの維持に大きな効果を持っています。

それぞれのミネラルの働きについて

ミネラルは、タンパク質と同じく女性ホルモンの分泌を促してくれます。

ですから、バストアップをする際には、欠かせないものになるのですが、特にヨウ素、リン、カリウム、セレンには、それぞれバストアップをさせるのに異なる効果を発揮します。

まず、セレンは、ミネラルでありながらも、タンパク質としてバストアップをさせる成分になります。
つまり、タンパク質と同じ働きをするのですが、亜鉛などを一緒に摂取すると、その働きを高めることができます。
セレンは、海藻、魚介類、肉類などに多く含まれているので、ミネラルの中でも比較的、摂取しやすいものになっています。

次に、カリウムは大胸筋のタンパク質を作る働きがあります。
他にも、カリウムを多く摂取することで、精神的に不安的になってしまうことが原因で起きる女性ホルモンの乱れなどを防ぐことができます。

そして、リンは、バストの細胞を作る働きを促してくれます。
バストアップをする際には、リンを多く摂取することで、元となる細胞を多く作ることが出来るのですが、これと同じくヨウ素もバストを育ててくれる働きがあります。

ヨウ素の場合は、主に成長期のバストを育ててくれるのですが、タンパク質の合成を行ってくれる甲状腺ホルモンとなるので、成長期を過ぎた大人の女性にとっても非常に重要なものになります。

ミネラルは体調も整えてくれる

ミネラルはバストアップを補助してくれるだけではなくて、体調を整える効果もあります。

摂取した栄養素や酵素の働きをスムーズに行ってくれる働きがあり、体の代謝なども促してくれます。

銅、亜鉛、鉄、カルシウム、硫黄、マグネシウム、マンガンなどのミネラルも、すべてタンパク質の吸収や合成などを助けてバストアップを促してくれるので、どの成分もバストアップに効果があります。

ミネラルの含まれている食品は?

ミネラルは、主に海藻などに多く含まれています。

他にも大豆製品やナッツ類、レバー、大豆、ココアなどに含まれています。

他にもミネラルのサプリメントも販売されているので、そうしたものからも摂取することができます。

ただ、ミネラルは食品から摂取したほうが良いとも言われているので、なるべく食品から摂取をするようにするといいようです。

ミネラルはバストをキレイなまま保つ働きがある

バストアップが上手くできて、以前よりもバストが大きくなるのは、非常に嬉しいのですが、できればキレイなバストでいたいですね。

大きなバストでも、形が悪かったり、少し垂れてしまっていたりすると、せっかくバストアップに成功しても、少し不満に感じてしまいます。

こうしたことを防いでくれるのがミネラルという栄養素で、バストアップをしてキレイなバストを保ちたいという人は、ミネラルの摂取は欠かせません。

バストがあまり大きくない人は、大きさはないものの、バストの形がキレイなことが多く、反対にバストが大きな人は、バストが大きいがゆえにバストの形が気になるという人が多いのですが、そうした人は、ミネラルを積極的に摂取するようにすると、しっかりとハリがあってキレイなバストを保つことができます。

すでにバストの大きな人はもちろん、これからバストアップをしたいという人は、できるだけミネラルを多く摂取するようにしていくようにしましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑