バストアップに重要になるタンパク質とアミノ酸の関係について

公開日:  最終更新日:2016/10/08

66f277cdaf9029ef8fceb89b0b0d8d72_s

バストアップをさせる食品はいくつもあるのですが、それはすべてその食品に含まれている栄養素がバストアップを可能にします。

栄養素というのは、様々なものがあるので、その一つ一つは、バストアップの効果が異なっています。

できるだけ食品に含まれている栄養素や、その働きなども細かく知っておくと、バストアップをする際にも効果を高められますし、食品の組み合わせなども考えて食事を作っていくことができます。

特にバストアップに効果のあるタンパク質は重要になりますし、同時接種することで、より働きを高めることのできるアミノ酸については、しっかりと理解をしておくと、バストアップもスムーズに行えます。

バストアップでのタンパク質の働きとは?

バストアップに欠かせないのがタンパク質です。
豆類や肉類、乳製品などに多く含まれていて、比較的摂取しやすい栄養素なのですが、筋肉や血を作る働きをしてくれます。

そして、女性にとっては、バストを作る元となる女性ホルモンの分泌を促してくれます。

動物性、植物性のどちらも重要なたんぱく質になるのですが、バランスよく摂取をしていくようにしましょう。

バストアップでのアミノ酸の働きとは?

アミノ酸は、栄養素の中でも500種類もの数がある栄養素なのですが、必須アミノ酸として、トリプトファンやメチオニン、スレオニン、ヒスチジンなどがあります。
アミノ酸は、マグロ、卵、ヨーグルト、豆腐、緑茶などに多く含まれているのですが、アーモンドカカオなどのナッツ類にも多く含まれています。

アミノ酸は、しっかりと摂取をすることで、タンパク質がしっかりと体の中で働いてくれるのを助けてくれます。
なので、タンパク質を多く摂取してバストアップをする際には、タンパク質にアミノ酸を一緒に摂取するようにするのが理想的と言えます。

どちらか一方だけを摂取するというのでは、その働きが上手くいかないのですが、どちらの栄養素も含む食品も多いので、それらを上手く摂取することで、両方の栄養素を同時に摂取することができます。

アミノ酸は女性ホルモンの働きを助ける

アミノ酸は、タンパク質の働きを助けてくれるのですが、同時に、女性ホルモンの働きも助けてくれます。

これは、体の中で女性ホルモンの働きが鈍くなってきてしまう際に、それを阻害する働きのあるものの活動を止めさせて、正常に女性ホルモンが分泌されるように働いてくれる為です。

バストアップをする為には、女性ホルモンが多く分泌されるようになるというのは、重要なことになるのですが、しっかりとアミノ酸を摂取して女性ホルモンの働きを高めて行くようにしましょう。

初めにタンパク質を摂取してアミノ酸を摂取しよう

タンパク質もアミノ酸も、バストアップには欠かせない栄養素であるのですが、できれば、初めにタンパク質を多めに摂取してから、アミノ酸を摂取するようにします。

これは、タンパク質の方が、バストアップや体作りに直接的に働きかけてくれるからで、それを補助するのがアミノ酸と考えていくといいようです。

どちらの栄養素も含まれている食品が多くあるのですが、基本的には、タンパク質だけ多く含まれている食品の方が摂取しやすいので、まずは、タンパク質を摂取できる食品を食べてから、アミノ酸を摂取できる食品を食べていくというように考えてくと、女性ホルモンをしっかりと分泌させることができます。

もちろん、初めにアミノ酸を多めに摂取するということでもいいのですが、できれば、タンパク質を主にして、アミノ酸は副にするというような考え方で、どちらも摂取をしていくのがバランスの良い摂取法となります。

タンパク質もアミノ酸も、どちらも体作りやバストアップには欠かせないものなのですが、どちらもバランスよく摂取できるようにしましょう。

あまり難しく考える必要もないのですが、普段の食事で栄養のバランスがしっかりと取れた食事をしていると、自然とタンパク質とアミノ酸のバランスも整ってくるようです。

もし、食事をしていて、アミノ酸が足りないと感じた場合には、ナッツ類など、気軽に食べられるもので補うことができます。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑