キレイなバストを作るためのブラジャーの選び方について

公開日:  最終更新日:2016/10/08

d3df60b108fe86ac2c6a2e0d133f3d46_s

ほとんどの女性はブラジャーをして日常生活をしています。

ブラジャーをしないという人もいるのですが、そうした人は、かなり少なく、多くの人はブラジャーを身につけています。

バストの形をしっかりと守るためにもブラジャーを着けることは重要になるのですが、このブラジャーとバストの関係について見ていきたいと思います。

ブラジャーを着ける意味とは?

ブラジャーは、主にバストの形を守るために着けるもので、しっかりとサイズのあったものを着けることで、キレイなバストを保つことができます。

普段から、ブラジャーを着けないという人は、バストが垂れてしまう可能性があるので、そうしたことを防ぐ意味でもブラジャーというのは、しっかりと身に着けておく必要があります。

最近では、夜に着けるナイトブラジャーというものもあり、これによって、夜に寝ている菜のバストの型崩れや、クーパー靭帯が伸びてしまって、バストが下垂するのを防いでくれます。

ブラジャーは正しいものを選ばないと悪い影響が出る?

ブラジャーは、サイズさえ合っていれば、特に問題はないと思ってしまいがちです。

実際にブラジャーを選ぶ時というのは、自分のバストのサイズに合わせて購入することが多いかと思いますが、それだけでブラジャーを選んでしまうと、サイズは合っていても、バストにぴったりとフィットしないものを選んでしまう可能性もあります。

バストに合わないブラジャーを選んでしまうと、ブラジャーをしていても胸が下垂したり、形が崩れてしまいます。

また、バストだけではなくて、ボディラインが崩れてしまったり、バストを支える元となる肩が凝るようになってしまうこともあります。

ブラジャーがしっかりと合わない物を身につけていると、こうしたことが起きてきてしまうので、ブラジャーを選ぶ際には、しっかりと正しいものを選ばないといけません。

自分に合うブラジャーはどうやって選んだらいい?

自分に合うブラジャーを選んでいくには、まずはしっかりと試着をしていくことが重要になります。

ブラジャーが試着ができないお店はないと思いますが、新しくブラジャーを購入する際には、しっかりと試着をするようにしましょう。

試着をする際に気をつけるポイントとしてしては、サイズ以外に、アンダーがきつくなっていないかということや、ストラップは適度な長さであるか、バストがしっかりとカップに収まってフィットしているかなどをよくチェックするようにしましょう。

この中のどれか一つでも欠けてしまうと、そのブラジャーは、自分にピッタリとフィットしたブラジャーということは言えないので、少し時間がかかってしまっても、しっかりと試着をしていきましょう。

ブラジャーは正しく身に着けよう

試着をして自分に合ったブラジャーを購入した後は、なるべく正しい付け方でブラジャーをつけていくようにしましょう。

ブラジャーの正しい着け方とは、体を少し前かがみにして、ストラップをかけてバストをカップに入れていき、この状態のまま、左右の手を使って、ブラジャーの中で、左右のバストをバストを中央に寄せるように上げていくという着け方です。

こうすることで、バストがしっかりと上がってキレイな状態を作り出すことができるのですが、最後に、ストラップが長い場合には、長さを調節します。

ストレップの調節は、あまりしないという人もいるかと思いますが、一度、調節しておけば、何度もする必要がなくなるので、始めに行っておくといいようです。

正しいブラジャー選びと付け方でキレイなバストを作ろう

このように、自分にあったブラジャーを選び、しっかりとしたブラジャーのつけ方を実践するだけで、随分とバストをキレイに作ることができます。

バストの下垂や歪み、肩こりやボディーラインの崩れなども防ぐことができるので、ブラジャーを購入するときや、身につけるときは、こうしたことを意識して行っていくようにしましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑