バストアップと睡眠について

公開日:  最終更新日:2016/10/08

6fa29c540319daec6481cc39b511f772_s

睡眠をしっかりと取るということは美肌作りや、健康な体つくりには欠かせないものです。

毎日、寝不足でいるという人で、瑞々しいキレイな肌を保つことは難しいと言えるのですが、バストアップをする際にも睡眠が非常に重要だと言われています。

成長期にバストが大きくなる時はもちろん、成人してからバストアップをしようとする時にも睡眠をしっかりと取ることで、バストアップを行うことができるのですが、この睡眠とバストアップの関係について見ていきたいと思います。

睡眠とバストの関係とは?

睡眠というのは、基本的に体を休めるためのもので、寝ている間にその日の疲れなどを癒すことができます。

なので、よく体を動かした日には、ぐっすり眠ることができるのですが、睡眠には、このように体力回復という側面だけではなくて、美肌作りなどの美容についても非常に大きな意味を持っています。

睡眠と美容というと、すぐにキレイな肌を保つために重要になると考えが及びますが、これは寝ている際に、ホルモンがしっかりと分泌されることでキレイな肌作りが行われます。

なので、毎日しっかりと睡眠を取る人は、肌もキレイなことが多いのですが、同時にホルモンが多く分泌されることで、バストにも大きな影響があります。

しっかりと寝ている人は、女性ホルモンが多く分泌されていて、その分美肌になり、バストにも女性ホルモンの影響が行き渡ってバストアップしやすくなるのですが、バストアップを考える人にとって、睡眠というのはかなり重要になるということがわかります。

特に思春期から25歳前後までは、女性ホルモンに加えて、成長ホルモンが多く分泌される時期であるので、この時期には、夜ふかしなどせずに、しっかりと寝ていることが大きなバスト作りに欠かせません。

反対に、この時期にあまり睡眠をとっていないという人は、ホルモンバランスが崩れてしまっていて、バストがあまり成長しないことも多いようです。

なので、大きくてキレイなバスト作りには、しっかりとした睡眠が重要になります。

バストアップにはどのくらいの睡眠が必要?

大きくてキレイなバストを作るためには、睡眠が重要になるのですが、できれば22時までに寝ている習慣をつけるようにしたほうが女性ホルモンがしっかりと分泌されます。

22時から2時までの間が女性ホルモンが盛んに分泌されるといわれているので、その時間帯にはしっかりと睡眠をとるようにしたいのですが、22時までには寝て、7時間前後は睡眠をとりたいものです。

また、女性ホルモンは、深い眠りと言われるノンレム睡眠の時に多く分泌されます。

なので、なるべく22時から2時までの間にノンレム睡眠となるように調節して毎日の睡眠をとるようにしたほうが、バストアップを行いやすくなります。

バストアップには寝るときの姿勢やブラジャーも影響する?

寝る時の姿勢については、特に考える人はいないかと思いますが、キレイにバストアップをしたいという人は、寝る時の姿勢などについても考えておく必要があります。

寝る時の姿勢はとして、うつ伏せや横向きで寝る姿勢は、バストの形を悪くしてしまったり、バストにシワができたりしやすくなってしまいます。

なので、寝る時の姿勢としては、あまりこうした姿勢をとらないようにしたいのですが、寝ている時に姿勢を整えるのは難しいことでもあるので、なるべく仰向けで寝るようにしていく方がいいようです

また、ブラジャーについてですが、寝る時につける睡眠用のナイトブラというものがあります。

寝ている時は、ブラジャーをしないという人も多いかと思いますが、最近では、ナイトブラを着用するという人も増えてきていて、バストの形が崩れるのを防ぐことができます。

なので、ナイトブラをして、寝ている時でも、しっかりとバストの形を保ってくれるようなナイトブラを購入して身につけていくようにするといいようです

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑