バストとリンパの関係について

公開日: 

32

バストは、ほとんどが脂肪で出来ていて、バストを大きくするには、脂肪を増やすことが重要だと言われています。

なので、一度大きく太った人は、バストが大きくなることが多いのですが、脂肪以外にもバストには重要な器官が中に詰まっています。

それが血管とリンパです。

どちらも体中に張り巡らされているものなのですが、バストとは深い関係にあり、どちらもバストとは切っても切れない関係にあります。

今回はリンパについて見て行きたいと思いますが、バストアップはもちろん、美乳作りにリンパを意識していくことは欠かせません。

バストとリンパの関係について

リンパというのは、主に体の中の細胞に栄養分や水分などを流し、同時に老廃物を流す働きをしている管のことです。

顔から体全体を流れていて、体がむくんでしまったりする場合は、このリンパの流れが悪くなっていることが多く、しっかりとマッサージをしたりすることで、リンパの流れをよくすることができます。

リンパはバスト周辺にも流れていて、栄養素や水分などを運んでくれています。

このリンパの流れが悪くなってしまうと、バストにとっても悪い影響が出てしまうので、体全体のリンパの流れはもちろん、バスト周辺のリンパの流れについても、しっかりと流れるようにケアをしておかなければなりません。

リンパの流れが悪くなるとバストにはどういう影響が出る?

リンパの流れが悪くなってしまうと、細胞などの代謝が悪くなってしまいます。

なので、体全体が上手く機能しないようになってしまうのですが、女性の場合は、自律神経などに影響があり、女性ホルモンの分泌にも大きく影響があります。

女性ホルモンが上手く分泌されていることが、女性らしい体を作る為には重要になるのですが、リンパの流れが悪くなってしまうと、体がむくむなどの他に、間接的にこうした影響が出てしまいます。

女性ホルモンがあまり分泌されなくなってしまうと、バストが硬くなるなどの悪い影響が出てしまうので、これには要注意です。

リンパの流れをよくするにはどうすればいい?

リンパをしっかりと流れるようにするには、マッサージを行うのが効果的です。

リンパマッサージを日常的に行っているという女性も多いので、かなり一般的になってきているのですが、キレイなバストを保つためにも、全身のリンパマッサージをよく行うようにしていくといいようです。

ただ、リンパマッサージをするといっても、より正しいやり方を行う必要があります。

闇雲にマッサージをするよりも、リンパの流れに沿ってマッサージを行っていく方が、リンパの流れをよくすることができるので、首周り、脇周り、足の付け根などのリンパ節と呼ばれる部位に向かって、外側から内側に向かってマッサージをしていきます。

それぞれのリンパ節によって流れる方向が異なるので、マッサージをする前によく確認してマッサージをするようにしていきたいのですが、こうした工夫をすることで、しっかりとリンパを流すことができます。

キレイなバストや体つくりにはリンパを意識しよう

リンパはバストと密接な関係にあるのですが、バストアップなどをする際に、リンパをあまり重視をしない人も多いので、できれば、日頃行うバストアップ法などに加えて、リンパを意識して、マッサージなどを行っていくと、バストアップや美乳作りに大きな効果が得られます。

また、リンパの流れをよくすることで、体全体をキレイにすることもできるので、女性は、しっかりと行っておくということが重要になるかと思います。

細かく見ていくと、リンパのマッサージは、リンパの流れに沿って行うなど、やり方があるのですが、一度覚えてしまえば、それほど難しいこともなく、簡単にできるものなので、体全体はもちろん、バストアップ、美乳作りを考えて、リンパをよく意識していくといいのではないでしょうか。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑