バストの硬さと柔らかさについて

公開日: 

39

バストというのは、基本的にどんな人のバストであっても柔らかいものだと考えてしまうものです。

実際、ほとんどの女性バストというのは柔らかいことが多く、ある程度の大きさのバストは、柔らかい為に、少し動いただけで大きく揺れます。

なので、バストは柔らかいことがほとんどであるのですが、中には硬いバストを持つ人もいます。

触った瞬間に硬いバストだとわかる位の硬いバストを持つ人もいる位なのですが、これは個人差があるようです。

誰であってもバストは柔らかいほうがいいのですが、硬いバストを持ってしまう人も多く、このバストの柔かさと硬さについて見ていきたいと思います。

ほとんどのバストは柔らかいものが多い

バストというのは、ほとんどの人のものが柔らかいものが多くなっています。

これは、バストそのものが脂肪で出来ているからで、その脂肪が、しっかりと人体や筋肉に支えられていることで、柔らかく張りのあるバストとなっています。

太った人のお腹などを触ると、かなり柔らかいのですが、こうしたものが一定の形状を保ったまま、胸についているのがバストということが言えます。

なので、バストは柔らかいことがほとんどです。

硬いバストとは?

バストというのはこのように脂肪で出来ている為に、柔らかいことがほとんどなのですが、中には、硬いバストの人もいます。

脂肪でできているのにも関わらず、硬いバストになってしまうというのもおかしな話なのですが実際にこうした人もいて、それが大きな悩みになっている人もいます。

では、なぜ本来は柔らかいはずのバストが硬くなってしまうのかというと、これは、バストが固まってしまうことが原因です。

 

バストが硬くなってしまうのには、大きく分けて二つの原因があります。

まず、一つ目は、ブラジャーなどでしっかりとバストを抑えすぎてしまったことが原因で、バストそのものが硬く固まってしまったということです。

これは、あまりサイズの合わないブラジャーや、硬い素材のブラジャーなどをして、無理にバストをきつく締めてしまっていることが原因で、バストが固くなってしまっている状態です。

なので、こうした人は、まずは普段使っているブラジャーのサイズや、素材などをもう一度よく見直して、自分に合ったものを使用するようにしなければなりません。

 

そして、もう一つの理由は血液やリンパの流れが悪くなってしまっていて、バストの張りや弾力が失われてしまっているというもので、これはホルモンバランスの乱れなども影響していきます。

この2つがバストが硬くなってしまうことの大きな原因で、ほとんどの場合は、このどちらかが原因でバストが硬くなってしまっています。

硬いバストを柔らかくする方法は?

硬くなってしまったバストを柔らかくするには、まずは、バストを固くしてしまっている原因を取り除いて、バストを柔らかくするマッサージなどを行うと、柔らかくすることができます。

ブラジャーなどがキツイせいでバストが硬くなってしまっているという人は、まずはブラジャーを変えて行くことが重要になりますし、リンパの流れや血流が悪いという人は、食生活の改善やリンパマッサージをよく行うなどしていくことが重要になります。

そして、こうした直接的な原因を取り除いた後には、おっぱいを柔らかくする簡単なマッサージを行うと、より早くおっぱいを柔らかくすることができます。

これは、片方ずつおっぱいを持ち上げて、ゆっくりと揺らすというもので、1秒間に数回行うようにしていきます。

最終的に20~30回ほど行うといいのですが、左右両方行うことで、硬くなったおっぱいを柔らかくすることができます。

こうした方法以外にもおっぱいを柔らかくする方法があるので、自分にあった方法を探してみて、毎日、実践してみるといいのではないでしょうか。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑