大きなバストの悩みについて

公開日: 

バストについての悩みというと、どうしても小さなバストを大きくしたいというようなバストアップのものが非常に多く見られます。
ですから、バストに関する悩みは大半がどのようにしてバストアップをしていくのかというものになるのですが、中には、バストが大きすぎて悩んでいるという人もいます。

バストが小さい人から見ると、贅沢な悩みではあるのですが、バストが大きいと、それはそれで大変なことも多いようです。

バストが大きくて感じる悩みとは?

バストが大きくても悩みというのはあります。
それは、バストが大きくて肩が凝る運動がしづらい男性の視線が気になる着られる服が少ない体が大きく見えるなどです。
バストが小さい女性は、こうした悩みを感じることはほとんどないのですが、バストが大きい女性は、かなりの割合で、こうした悩みを抱えています。

特にバストが大きいことが原因で肩が凝ってしまうというのは、大きな問題となっていて、大変な思いをしている人が多くいます。
普通の肩凝りは、ストレスや血行障害などによって引き起こされることが多いのですが、バストが大きくて肩凝りが起きてしまう場合は、はっきりとその原因がわかっていても、どうにも対処のしようがないということで、かなり大変です。
できれば、針や整体、お灸、ツボ押しなどを行って、肩こりを解消するようにしていくのがいいのですが、バストが大きな女性が抱える悩みとしては、この肩凝りが、かなりやっかいなものになるようです。

バストは小さくすることができる?

バストは、大きくすることはできても、小さくすることはできないと考えてしまいがちです。
しかし、やり方を工夫すれば、バストを大きくするのと同じように、キレイに小さくすることもできます。

まず一番やりやすいのは、ダイエットをしてバストを小さくするというものです。
これは、運動などを行って、体の脂肪を落としていくというものになりますが、普通にダイエットをするのと同じ要領でバストの脂肪を落としていきます。普通にダイエットをするだけでも、よく胸が小さくなったということがいわれることがあるのですが、バストは脂肪でできているので、運動をしたりして、体の脂肪が落ちると、それにつれてバストも小さくなります。ですから、無理のない範囲でダイエットなどしていくと、バストを小さくすることができます。

女子ホルモンを抑えることでもバストを小さくすることができる

他にもバストを小さくする方法があります。
それは、バストを小さくさせる効果のある食品を摂取することで、女性ホルモンの働きを抑制させることです。
女性ホルモンの働きを抑制させることで、バストが大きくなるのを抑えることができるのですが、これをさせる代表的な食材がブロッコリーです。これはブロッコリーの中に含まれている、インドールという物質が女性ホルモンの働きを抑制する為に起こるのですが、他にカリフラワーにも、このインドールが含まれているので、一緒に摂取しても良いようです。
したがって、こうした食品を摂取することで、女性ホルモンを抑制して、バストを小さくしていくことができます。

整形手術でバストを小さくする

バストを小さくする方法として、整形手術を行って小さくすることもできます。
通常のバストよりも、かなり大きなバストを持っている人は、バストの為に日常性生活に支障がきたすことがあり、それでバストを小さくする手術を受けることがあります。
これは、胸を大きくする豊胸手術とは反対のもので、バストにある脂肪を吸引したり、バストを釣り上げる手術をすることで、バストを小さくします。
バストがかなり下垂してしまっている人が、バストを釣り上げる手術を受けることが多いのですが、何をやってもバストが小さくならないという人や、バストが大きすぎて日常生活に支障をきたしているという人は、こうしたバストを小さくする修正手術を受けることで、バストが大きい悩みを解消できます。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑